コントロールをつけるコツには



ボウリング上達に欠かせないコントロールを身に着けるには
についてお伝えいたします。

「手前を見て投げる」

レーンには、スパットという目標の三角矢印がありますが、その三角矢印より30cm手前を見て投げるようにすると、スパットミスが減ります。

ボールを投げるときの視線には、
直接ピンを見る方法、スパットを見る、
それより手前のガイド部分を見るという方法があります。

ピンを見て投げる方法が一番、
難しく上級者向きでコントロールのつけ方が一番難しい。
助走中は、あごを手前に引いてスパットから目が離れないように注意すれば、
ターゲットから早く目が離れてしまうという癖が直るでしょう。

助走中もターゲットから早く目が離れてしまわないように、
小さくかかとから歩き始めるようにしましょう。

ストレートボールなら、(右利きの場合)左足つま先から板5枚右の直線状が狙うピンなるように立ちます。立ち位置からボールを振り子状態で投げれば、スペアの取れる確率は上がるでしょう。その場合、右脇が開かないように意識して投げてください。

10番ピンや7番ピンが残ったら、対角線上に狙うのがいい結果が出る可能性があります。

複数のピンが残ったら、まず最初にあたらないといけないピンを確認して、上の立ち位置からボールを投げてみてください。スペア取れるようになると思います。

コントロールをつけるには
・ボールを振り子のように投げること。そして最後まで投げ切ること。投げる腕は頭の外側に。

・立ち位置から投げ終わるまで、一定のリズム感を身に着けること。

・ボールを最後まで見続けること。

・両手のバランスを取ること。つまり、右利きならフィニッシュで左腕は前から左後ろで左方より上になる。そうすることで、左右の腕のバランスが良くなり、フォームが安定し、コントロールが付くようになる。

・マイシューズを購入すること。ハウスシューズだと両足共滑りやすいので、バランスがとりづらい。

・マイボールを購入すること。




ボウリング上達のための基本から応用までこのサイトトップページに書いていますので、参考にしてください。

トップページに戻る