ボウリングカーブの投げ方のコツ



最初は、まっすぐにボールを投げていたものの、
どうしても両端のピンが倒れにくかったりしますよね。

ハイスコアをたたき出している人を見ると、
ボウリングカーブを投げている人が多いことに気がつきますよね。
ボウリング上達には、カーブの投げ方のコツを取得することが大切。

ボウリングカーブの投げ方ですが、
ボールに大きな横回転をさせるとカーブするように投げられます。

投げ方は、中指と薬指の指先を使い、
力を入れて引っ掛けるように投げるとカーブ球が投げられます。

親指の位置が足に対してほぼ直角になるように持ち、
中指と薬指が床と垂直になるようにボールを持ちます。

ボールを持った手を後ろに振り上げて投げ、
膝をボールが通り過ぎるときに親指の位置が足に対して直角を向くようにしましょう。

中指と薬指がアプローチの床面と垂直になるようにし、ボールを手のひら全体で抱きかかえるように進み、少し早めに親指を抜いた後、大きな回転をかけるように中指と薬指を穴にひっかけながら抜きます。ボールが落ちたら腕を左の方に移動させるというのがボウリングカーブの投げ方のコツです。カーブを投げるためには、手首の強さやボールをしっかり掴めるような握力が必要です。理屈では難しいので、一連の流れを把握してから練習して次は体でボウリングカーブの投げ方を覚えるようにしましょう。


ボウリングでカーブの投げ方は
・ボールを持ち、親指は垂直に、中指、薬指はひっかけるようにする
・ボールが体の横を過ぎ、膝の手前で親指からは無し、中指、薬指でひっかけるように投げる
最後の動作の中で、中指、薬指でひっかけるイメージが大切です

ピンの手前5m位まで油が敷かれているが、
それ以降は油が敷かれていないので、
そこから、ボールが回転していき、カーブボールとなります。

すごく回転することで、ピンを倒すのです。

ボウリング上達のための基本から応用までこのサイトトップページに書いていますので、参考にしてください。




トップページに戻る