ボウリングフォームとスイングは



ボウリング上達に欠かせない
フォームとスイング。

ボウリングフォームについてですが、
助走は4歩が基本ですが、
一般的に5歩助走が多いようです。

この場合、基本の4歩助走に1歩加えたと考えて良いでしょう。

上半身は、肩のラインを狙う方向に垂直に保ち、
頭も揺れないようにしっかりと狙う方向に向け、
重心が滑らかに移動することを心がけましょう。

重心がぐらつくとコントロールが悪くなる原因になります。

下半身は低めに保ち、できるだけずっしりとさせて
テンポ良く重心を移動させましょう。

ボールを投げ出すときは、軸足を踏ん張り、
狙う方向へボールを押し出すような感じです。

ボールを投げた後は、フォロースルーを
しっかりと上へ振り上げることで、
ボールが加速しフォームもきれいに見えますし、
方向性も良くなります。

ボウリングのスイングですが、
振り子のイメージを心がけましょう。

そして、ボールを投げ始めるときには押し出すように投げ、
肩を支点にした振り子のスイングでぶれないように投げましょう。

体が揺れるとちょっとしたことに思えても、
思うようなところにボールが投げられません。

基本的なフォームとスイングをすれば、
安定したスコアが出せるようになってくるでしょう。


基本的なフォームを身に着けることから始めます。
フォームがしっかり身についていないと、
投げるごとにコースが定まらず、
そのため、良いスコアは期待できません。

しっかりボールを胸の前で持ち、
振り子のように、持ち位置からそのまま後ろへ
そして、遠心力を利用してボールを投げます。

ボウリングスコアを短期間に伸ばすにはプロボウラーに習うのが早い。
でも、そんな教室そうそうありませんし、
有ったとしても相当高額になります。




ボウリング上達のための基本から応用までこのサイトトップページに書いていますので、参考にしてください。

トップページに戻る