各コンテンツの下にボウリング教材を載せています。
早くボウリングでハイスコア出したい人は購入を検討して下さい。

ボウリングフォームとスイングは



ボウリング上達に欠かせない
フォームとスイング。

ボウリングフォームについてですが、
助走は4歩が基本ですが、
一般的に5歩助走が多いようです。

この場合、基本の4歩助走に1歩加えたと考えて良いでしょう。

上半身は、肩のラインを狙う方向に垂直に保ち、
頭も揺れないようにしっかりと狙う方向に向け、
重心が滑らかに移動することを心がけましょう。

重心がぐらつくとコントロールが悪くなる原因になります。

下半身は低めに保ち、できるだけずっしりとさせて
テンポ良く重心を移動させましょう。

ボールを投げ出すときは、軸足を踏ん張り、
狙う方向へボールを押し出すような感じです。

ボールを投げた後は、フォロースルーを
しっかりと上へ振り上げることで、
ボールが加速しフォームもきれいに見えますし、
方向性も良くなります。

ボウリングのスイングですが、
振り子のイメージを心がけましょう。

そして、ボールを投げ始めるときには押し出すように投げ、
肩を支点にした振り子のスイングでぶれないように投げましょう。

体が揺れるとちょっとしたことに思えても、
思うようなところにボールが投げられません。

基本的なフォームとスイングをすれば、
安定したスコアが出せるようになってくるでしょう。


基本的なフォームを身に着けることから始めます。
フォームがしっかり身についていないと、
投げるごとにコースが定まらず、
そのため、良いスコアは期待できません。

しっかりボールを胸の前で持ち、
振り子のように、持ち位置からそのまま後ろへ
そして、遠心力を利用してボールを投げます。

ボウリング上達のための基本から応用までこのサイトトップページに書いていますので、参考にしてください。

トップページに戻る

矢島純一プロのド素人に教えるボウリング教室
はいだしょうこさん矢島純一プロが教える動画です。

ボウリングの基本が詰まっています。
これらの基本が着実に身につくと、スコアアップ間違い無しです。

ハウスシューズとマイシューズの違いや4歩助走、スパッツを見ること。さらには、左手の親指と人差し指で100円を挟みボールを投げることでバランス感覚が身につく。さらにさらに、3つのパターンのピンを倒す練習をすることでスペアを取れる確率がぐ〜ンと上がる。

ここで一つ気を付けないといけないことが、ハウスシューズの裏を濡らすこと。
これは、床面を濡らすので、事故になる可能性があるので、ボウリング場側はやらないで欲しいと。



ボウリングで上手になるには、正しい方法で練習を積み重ねること。

更に矢島プロの試合の様子をご覧ください。
レベルの高いゲームです。そして見て欲しいのが二人のプロのフォームです。
再現性の高いフォームですごいスコアを出しています。


本当にボウリング上達したいのなら、プロボウラー監修の教材で練習することは必須。
なぜなら、このサイトの内容でもスコアアップはできますが、
私が○と思って書いていてもそれを○と理解して練習できるかどうかわからないし
もしかしたら、○ではなく▽と理解してしまうかもしれない。

矢島純一プロのボウリング教材「パーフェクトストライク上達法」をご紹介します。

矢島純一プロの動画(2017.3)がありますので、是非、ご覧下さい。(約54分間)



200アップや200アップアベも夢ではなくなる。
200アベが実現すると、大会にも出たくなりますよ。

マイボール、マイシューズだとボウリング上達はより早いです。



費用は24,600円
この費用を出せる方だけ公式サイトへお進みください。決断できる人だけスコアは飛躍的に上がるでしょう。


アベ200超えを狙う上級者DVDもついています。

パーフェクトストライク上達法のサイトはこちら