ボウリングフックの投げ方のコツ



ボウリング上達に欠かせないフックボールの投げ方のコツを説明します。

ボウリングのフックボールは、手元からボールが離れてピンの側までは直線的にボールが転がっていき、
ピンの近くで急にカーブするような投げ方を言います。オイルを塗っていないゾーンに入ると回転していきます。

なんとなく、スタンダードなカーブより、フックボールの方が難しそうかなと思う方もいるかも知れませんが、実際にはカーブもボウリングフックの投げ方もどちらが難しいとは言えません。

フックボールは、ボールに回転をつけて投げるのが一番の重要なポイントです。

普通のカーブの場合は、回転をつけて投げるというより、
ボールを転がすように投げるのですが、起き上がりこぼしを横に寝かせて投げるというような感覚で投げます。

もし、起き上がりこぼしを横に寝かせて投げれば、起き上がろうとする力でカーブを描くため、横に寝かすように投げます。

一方、ボウリングフックは、いかにボールに回転をつけられるかで、
どれだけ曲がるかが違ってきます。

ボウリングボールに高回転をつける投げ方は、
手首の強さや指を抜くタイミングなどのテクニックが必要になってきます。

ボウリングフックの投げ方を習得するには、
いかに回転するように投げられるかを意識して練習してみましょう。


ボウリングでフックの投げ方は
・ボールを持つとき、親指は時計の10時の方向
・真正面を向く
・スイングし、腕が体と並行になった時がリリースポイント
・リリースの時の親指は1時を向いていて親指から離れていき、残りの2本の指で回転を掛ける。

ボウリングの投げ方のイメージわきますか?

イメージが確認できたら、
あとは、素直に続けて練習することです。

ボールを投げる際、親指から離し、そのほかの指を順番に離していきます。

フックボールを投げるには、やはりマイボールの方がいい。
ハウスボールだと、あなたの指に合うボールを探す事から始めないといけません。
その場合、親指を穴に入れて場合、少しきつい状態が良いです。

他の2本の指もスカスカではないボールを選びましょう。


ボウリング上達のための基本から応用までこのサイトトップページに書いていますので、参考にしてください。




トップページに戻る