ボウリングで助走は大切



ボウリング上達にはフォーム、その中でも助走を大切に

ボウリング初心者の場合、
助走が合わなくて上手く投げられなかったということも多いと思います。

反面、ボウリングが上手な人を見ていると、
いつも同じ歩数の同じような助走がしっかりと出来ていると思いませんか。

ボウリングの助走は、基本的に4歩がベストで、
5歩がベストだと思っている方も、
4歩に1歩加えているという考え方で良いでしょう。

ボールを持っているのとは反対の足が出るように投げるのですから、
4歩の助走の場合、投げるのと同じ足から歩き始めるのが大切です。

つまり、右手でボールを投げる場合には、
右足から助走を始めると左足が前に出たときに投げるという感じの自然な流れになります。

4歩助走で右手で投げるなら、
まずは右足から助走を始めるように、
そのためにはどの位置から助走を始めればちょうど良い歩幅になるのか意識して投げてみましょう。

ボールのスピードを出すためには、
腕の力だけでは無く、助走のスピードを活かす必要があります。

助走は、最初は歩幅を小さめに、
徐々に歩幅を大きくするとボールのスピードが出やすくなります。

ですから、歩幅の大きさは徐々に大きくするということが大切ですから、
意識を持って練習しましょう。

ボールにうまくチカラがかかるように
前に進みながらボールを後ろにやり
その遠心力を上手に使って投げていきます。

一連の動作をうまくスムースに行うには、
足腰を鍛えることは言うまでもありません。


ボールを投げる前に左足または右足(左利きの人)でポーンと床面を踏み
そのタイミングで投げていきます。

また、頭はぶれることが無いようにします。
もし、頭がぶれると、正確なコースへ投げることはできません。

マイシューズではない方へ、
ボウリング場のシューズはどちらも滑りやすくなっていますので、右利きから右足をおしぼりで濡らしてやると、少々すべりにくくなるので、フィニッシュの時、しっかり投げることができると。
左足が少し進行方向へ滑るようになり、気持ちよく投げることができるようになること間違いない。



ボウリング上達のための基本から応用までこのサイトトップページに書いていますので、参考にしてください。

トップページに戻る