ボウリングの構えで大切なことは



ボウリング上達で最も基本が構え

ボウリングをやるときに、
どう構えるのかというのはとても大切なことです。

ボウリングは、
ボールの重さを利用してスピードのある球を投げることができます。

まず、ボウリングのボールを利き手側の胸元に当てるように持ちます。

投げる方の手にボウルの重さが乗っている感じで、
反対の手でボールを支えます。

高さは、自然な感じで肩が上がったり下がったりしない感じで構えます。

振り子を思い出してみると分かるのですが、
振り子はまっすぐに引いて手を離せば、
まっすぐに反対側に振られます。

構えた位置によってどう振れるのか大きく違ってきますから、
ボールを持つ位置は、ボウリングの構えで大切です。

ボールの重さは腕だけでは無く、
腰でも支えるような感じで構えましょう。

足はリラックスして滑らかに動き出せるように構えておきましょう。

プッシュアウェイと言って、
振り子が動くようにボールをターゲットのスパットに向かって
まっすぐに押し出すような感じで動作を行います。

ステップは、4歩なので右で投げる場合には右足からステップを踏み始めます。

プッシュアウェイとステップで、
上手く投げられるか決まるのでとても大切なことです。



ボウリング上達のための基本から応用までこのサイトトップページに書いていますので、参考にしてください。

トップページに戻る