スペアの取り方のコツは



スペアの取り方

フォームがある程度固まっていくと、素人のうちはナチュラルフックのボールを投げるので、
ピンの位置によって立ち位置を変えるだけで、スペアの確率は高くなる。
ただし、7番ピンとか10番ピンが残ると、少し対角線の立ち位置から投げるとスペアの確率は高くなります。

残っているピンの数が増えれば増えるほど、スペアは取りづらい。
が、残っている一番手前のピンをどのように当てるかでスペアは取れる確率が上がる。
コントロールをつけるには、投げる位置から15フィート先のスパットを狙う。
ピンとスパットと立ち位置の関係で、狙うスパットを決め狙っていく。

その結果、スペアが取れていく。


両側が残ってしまうとスペアはプロでもかなり難しいですが、
1投目で片側だけ残せば、スペアを狙いやすくなるわけです。

2投目、端のピンは対角線で狙うようにしましょう。

やってしまいがちなのは、「ガターに沿って狙う」という投げ方で、
これだとプレッシャーでガターになる確率が高くなります。

上手な人を見ているとこ対角線上に投げてスペアを取っている方が多いと思いませんか。

左に残したのなら、レーンの右側から投げる、
右に残したのなら、レーンの左から対角線上に狙って投げる練習をしてみましょう。


ちょっとした心の動き、ちょっとしたフォームの移動などで
スペアを逃すことは大いにあります。

徹底的に基本を身に着けることが重要です。
・基本のフォームを身に着ける
・ピンではなく、途中にある三角印(スパット)を狙う
・ボールをリリースした後も腕を振りぬく事。(これすごく大切)
・ステップの最後、利き腕の反対の足をちゃんと前に押し出しているか
・バックスイングからリリースまで一貫して振り子状態で腕を振りぬけているか
・最後までボールを見ているか
・複数ピンが残ると、どのピンのどのあたりを狙ったらいいか考えボールを投げる

フォームが安定してきたら、練習中に度の立ち位置だと何番ピンが取れるかをメモして、自分の有った立ち位置を探し、見つけたらその位置で練習を重ねること。



ボウリング上達のための基本から応用までこのサイトトップページに書いていますので、参考にしてください。

トップページに戻る