ボウリングでストライクを取るには



ボウリング上達でストライクを
好きなように取れると言うことが大切。

初心者の場合、
真ん中のピンに当てればストライクは取れるんだと思ってしまいますよね。

ドミノ倒しのように真ん中のピンさえ倒せばストライクになるほど、
ボウリングは簡単ではありません。

でも、実際は両端にピンを残してしまい、
スペアも取れないという状況を経験したことがある方も多いと思います。

ストライクを取るイメージでボールを投げて、
結果的にストライクではなかったとしても、
片側にピンが残っている状態にできれば、
スペアを取る事だって考えられます。

ボウリングストライクを取るには、
どこを狙えば良いかといいますと、
「ポケット」と呼ばれる部分を狙えば良いのです。

右投げの場合には1番ピンと3番ピンの間、
左投げの場合には1番ピンと2番ピンの間という意味です。

1番ピンは、中央の最前列のピン、2番ピンは向かって左側の2列目、
3番ピンは向かって右側の2列目にあります。

ボウリングストライクを取るには大切なのは、
「カーブを投げられるかどうか」です。

まっすぐなボールを投げて絶対にストライクが取れないわけではありませんが、
ポケットを狙うためにはカーブを投げるということが大切になります。

慣れるまでは、立つ位置を中央より端にすることでカーブを投げやすくなり、
ボウリングでストライクを取りやすくなります。



ボウリング上達のための基本から応用までこのサイトトップページに書いていますので、参考にしてください。

トップページに戻る