ボウリングのテイクバックは



ボウリングのフォームで私が一番大切だと考えるのが、
「テイクバック」です。

ボールを胸の高さで構え、プッシュアウェイでできるだけボールを前に押し出し
ボールの重さで下がりだし、その勢いで自分の肩くらいまで上がっていく。
一番上がったところでためを作る。

このためを作る理由がパワーボールを投げるためです。。

パワーがボールに乗り移り、ピンに当たり、ピンアクションを起こさせるのです。

ボウリングのステップは基本は4歩で1歩から3歩まで
ボールが前から後ろの肩くらいのところに行く。

最後のステップで一気にボールを振りおろしリリースする。

パワーの乗ったボールがストライクを出してくれるのです。

1歩目から3歩目まででボールを後ろに持っていき、
最後の4歩目でボールを投げるのです。

4歩目の時、右利きなら左足を出しますが、その時左足が前に滑りだしそれと同時にボールが下りてきて足のくるぶし当たりから親指が離れていき、他の2本の指でボールに回転を加え、投げていきます。1番ピンと3番ピンの間で1番ピンに近いところから入っていくと綺麗なストライクが完成します。



ボウリング上達のための基本から応用までこのサイトトップページに書いていますので、参考にしてください。

トップページに戻る