ボウリング マナー

ボウリングのマナーについて




ボウリングをしていて気になるのが「マナーの欠如」です。
団体のメンバーとしてボウリングゲームを楽しんでいると、
若い人たちのマナーの悪さにはほどほど嫌気がさした。
・大声を出していた
・ボールを放り投げていた(レーンが傷みます)
・ファールラインを越えて投げていた

では、ボウリングで必要なマナーを書いていきます。
・他の人たちに迷惑ならないように大声は出さない
・ボールは転がすように投げること
・ファールラインは超えない(オイルが塗ってあるので怪我の原因になり兼ねない)
・隣が投げる体制になっていたら、投げ終わるまで待つこと
・服装は他の人が見て見苦しくない事
・使ったボールは丁寧に拭き、元の位置に戻す事
・自分の出したごみはゴミ箱に

上記はボウリングを楽しむ上で最低限のマナーです。
しっかり守ってボウリングしましょう。

ハウスシューズは右利き、左利きの人でも履いてゲームができるようになっている。
つまり、滑りやすくなっていますので、ファールライン決して超えないようにしましょう。
本当に怪我のもととなります。

ハウスボールをあなたの指に合ったものを見つけてください。
ゆるゆるだとボールを投げるとき、投げようとする瞬間にボールが指から離れ落ちてしまいます。
これもマナー違反となりますので、くれぐれもボール選びは気を付けてください。
指が回り少し摩擦を感じるようなボールが良いですね。



ボウリング上達のための基本から応用までこのサイトトップページに書いていますので、参考にしてください。

トップページに戻る


ボウリング上達のための基本から応用までこのサイトトップページに書いていますので、参考にしてください。

トップページに戻る

 

サイトマップ